一般的に日焼けする事はしみの原因になるとされています。
これは間違いではないのですが、日焼けする事自体がしみの原因ではなく実際にはターンオーバーの異常がその原因になります。
まず、肌が紫外線を浴びるとメラニン色素が生成され肌が黒くなります。
これがいわゆる日焼けした状態で、基本的にはこの段階では大きな問題は無いとされています。
そして通常はおよそ28日周期で肌が生まれ変わりますので、黒くなった肌も時間が経てば元の色に戻っていきます。

しかし、肌のターンオーバーが乱れてしまうといつまでも黒くなった肌が残ってしまいます。
これが一般的にしみと呼ばれる状態でメラニン色素が生成された事よりも、それがいつまでも残ってしまっている事が問題になります。
なので紫外線対策をしっかりと行い肌にダメージを与えない事も重要になりますが、肌のターンオーバーを正常化させる事も欠かす事のできないポイントになっています。
なおその為に有効な方法が生活習慣の改善で、特に食事と睡眠が大きなウエイトを占めています。
バランスの良い食事は肌が生まれ変わる為の栄養などになりますし、十分な睡眠を取る事は肌のリズムを整える効果があるとされています。

詳しい情報はこちらを参考にしてください⇒しみ 日焼け

関連記事